サイト内検索(by Google)
ENTRY
歯医者さんで勧められたインプラント

歯医者さんで勧めていただいたインプラント

「まだまだこれから利用していく歯ですからね」という歯医者さんの言葉が決め手となり、私は自分の歯にインプラントを取り付けていただくことに決めました。これは以前、かかっていた歯医者さんで初めてインプラントを勧めていただいたときのことでした。私が歯医者さんにかかっていたのは、ところどころに出来てしまっていた虫歯を治していただくためだったのですが、あるとき自分の歯の悩みについて打ち明けてみたところ、このインプラントを勧めていただくことができたのです。その悩みとは、細かな虫歯の治療痕が重なっていて、見た目にも茶色く残ってしまっている歯があるということでした。その歯は、右下の2、3本にかけてのもので、普通に話しているぶんにはそう目立たないものではあったものの、大口を開けて笑ったりすると、口の中に茶色い物体が見えてしまうような形になっていて、あまり綺麗といえるものではありませんでした。さらにもう1つ言うと、ただ色が汚いだけではなく、歯並びもガタガタだったために、毎日歯ブラシで磨くことも面倒に思えていたのです。そんな私の歯の事情について相談をしてみたところ、歯医者さんが提案してくださったのはインプラントを取り付けるということでした。

私はこのときまでインプラントというもの自体を知らなかったのですが、入れ歯や差し歯よりも綺麗で、かつ頑丈にできているものだという説明をいただき、私は自分の歯にこのインプラントを取り付けていただくことに決めました。歯医者さんが「これから利用していく歯」とおっしゃったとき、私はまだまだこれからこの歯を利用して生きていかなければならないんだと思い、そんな大切な歯を今から汚い状態で置いておくわけにはいかないと、綺麗な歯になりたいという気持ちを強く持つことができました。こうして私は今、インプラントを取り付けた自分の歯に大いに自信を持つことができています。歯の健康は身体の健康そのものにつながるものです。

注目のキーワード

Copyright (C)2016歯医者さんで勧められたインプラント.All rights reserved.